Ahoj×Dvorak 出演者インタビュー

「弦楽器とピアノで聴くドヴォルザークの名曲」と題してお届けするピアノと弦楽四重奏のコンサートは、
クラシック音楽を普段聴かれないお客様にも楽しんで頂けるように、ポピュラーな曲を交え、様々な編成の演奏を組み込み、ドヴォルザークの音楽の魅力や、室内楽の楽しさを伝えられる演奏会にしたいとの想いが込められています。

愛知県立芸術大学の学生と卒業生5名による室内楽となりますが、弦楽器メンバーは、カルテット・アホイとして活動4年目を迎える息の合ったアンサンブルです。(Ahoj <アホイ>とは、チェコ語で「こんにちは」などの軽い挨拶として使われる言葉) ピアニストに佐々木杏子を迎え、どのようなチェコの音楽を聴かせてくれるのか、非常に楽しみです。

以下のメンバー5名に、リサイタルに臨んでインタビューを行いましたのでぜひお読み下さい。


1.佐々木杏子 Pf.(ささききょうこ)
2.尾高詩音里 Vn.(おだかしおり)
3.加川由梨 Vn.(かがわゆり)
4.橋本歩 Va.(はしもとあゆみ)
5.石本卓斗 Vc.(いしもとたくと)
(名前をクリックすると各演奏者のインタビューページにとびます)

Ahoj2_ol2.jpg

戻る

ページの先頭へ