太田咲耶ハープリサイタル 出演者インタビュー

Hp.太田 咲耶
愛知県出身。第15回大阪国際音楽コンクールハープ部門第3位。2014年度フランスにてマリー・ピエール=ラングラメ氏のマスタークラスを受講。愛知県立芸術大学、卒業。これまでに、ハープを近藤薫、木村茉莉の各氏に師事。現在、東京藝術大学大学院修士課程1年在学中、早川りさこ氏に師事。

太田咲耶.jpg


・リサイタルの意気込みをお聞かせ下さい。

今回、リサイタルを行う機会を頂いて大変嬉しく思っています!私は、昨年大学を卒業して、今は大学院で勉強を続けています。まだまだ未熟な身ではありますが、今の私の姿をリサイタルで皆様に見せれたらなと思います。
また、今回のリサイタルでは、前半をハープのソロ曲、後半を、ヴァイオリンとの室内楽、とプログラムを組みました。ソロも室内楽も素敵な曲を用意致しますので、ハープの魅力が是非伝わればな、と思います。


・演奏する曲の中でのおすすめしたいポイントを教えて下さい。

ハープの演奏を身近に聞く機会はなかなか少ないと思いますが、実は素敵な曲が沢山あります。今回、有名な作曲家がハープのために書いた曲も幾つか演奏します。B.ブリテンの組曲やC.サン=サーンスのヴァイオリンとハープのための幻想曲等。こんな曲があったんだ!と是非楽しんで頂ければと思います。


・共演者はどのような印象の方たちですか。

今回、ヴァイオリンで共演する向吉彩華さんは、大学生のときの同期で、昨年も演奏会で共演しました。ハープのことをよく分かってくれているので、とてもありがたいですし、助かっています。どんな曲でも難なく弾いてしまう彼女のヴァイオリンにも耳を傾けてくださいね!私はヴァイオリンの音がとっても好きなので、もっとハープとのデュオの曲が沢山あればいいなぁ、と思います。


・今後、こうした音楽家になっていきたいという理想を教えて下さい。

私はまだまだ勉強の身でありますが、ハープの魅力をもっと広げていけたらいいなと思いますし、沢山の人に、ハープの曲を知ってもらえたらいいなと思っています。その魅力を伝えられるような音楽家になるために、日々勉強に励んで頑張って行こうと思います。


・お客様へ一言、お願いします。

今回のリサイタルでは、様々な時代の曲を用意しました。全体を通して、皆様に少しでもハープのことを知っていただけたらいいな、と思います。是非、お気軽にお越しください。お待ちしています♪


戻る

ページの先頭へ