井口侑奏&大倉一将 声楽ジョイントコンサート 出演者インタビュー

Sop.井口 侑奏(いぐち ゆかな)
愛知県立芸術大学卒業、同大学大学院音楽研究科博士前期課程声楽領域を首席で修了。日本演奏連盟主催の「新進演奏家育成プロジェクト」において名古屋フィルハーモニー交響楽団と共演。あいちトリエンナーレプロデュースオペラ『魔笛』に童子Ⅰ 役で出演。声楽を熊谷美子、熊谷公博、佐橋美起、森川栄子、三輪陽子の各氏に師事。

井口侑奏.JPG


・リサイタルの意気込みをお聞かせ下さい。

皆様が日常を忘れるくらい、どっぷり浸れる音楽をお届けしたいです。


・演奏する曲の中でのおすすめしたいポイントを教えて下さい。

すべての歌詞、すべての音に心を注いでいますので余すことなく楽しんでいただきたいです。強いて言のであれば、一曲一曲の空気感を変えられる音楽づくりを目指しているのでご注目ください!


・共演者はどのような印象の方たちですか。

とっても優秀で素敵なバス歌手です。今回ご一緒できるのが本当に楽しみで待ち遠しかったです!


・今後、こうした音楽家になっていきたいという理想を教えて下さい。

人の琴線に触れる歌を歌える人間になりたいです。そして、ご縁を大切にできる音楽家になりたいです。


・お客様へ一言、お願いします。

音楽は1人ではできません。
お客様がそこにいて、私たちの音を受け止めてくださらねば、ただの音遊びになってしまいます。今日ここにお集まりいただいた皆様お一人お一人に感謝を申し上げます。


戻る

ページの先頭へ