井口侑奏&大倉一将 声楽ジョイントコンサート 出演者インタビュー

Bass 大倉 一将(おおくら かずまさ)
名古屋音楽大学声楽コース四年在学中。これまでに『フィガロの結婚』タイトルロール、『コジファントゥッテ』ドン・アルフォンソ、『友人フリッツ』アネッツォ、『ヘンゼルとグレーテル』ペーター、『ドン・ジョヴァン二』レポレッロで出演。平成27年度の愛知県警察少年柔道・剣道大会にて、大学を代表し「君が代」を演奏。声楽を松下雅人氏に師事。

大倉一将.JPG


・リサイタルの意気込みをお聞かせ下さい。

お客様の心の中で生き続ける、大切な思い出のひとつになるような音楽を奏でたいと思っています。


・演奏する曲の中でのおすすめしたいポイントを教えて下さい。

今回のコンサートの曲目は、穏やかな曲からわくわくするような曲まで幅広く用意がしてあります!
きっと、最後の曲まで飽きることなく楽しんでいただけると思います。


・共演者はどのような印象の方たちですか。

ピアニストの井上さんとはさまざまな演奏会で伴奏をしていただいてるので、僕としてはとても安心感があり、頼りになるパートナーです。井口さんは、声も表現も大変に魅力的で、特に重唱をする際には、彼女の音楽を引き立てるようなバスパートを歌わなければと、少々プレッシャーを感じていますが、大変に楽しみです。


・今後、こうした音楽家になっていきたいという理想を教えて下さい。

表現したいことや、伝えたい音楽を全てお客様の心に届け、それを楽しんでもらえるような音楽家になりたいです。また、それに伴う努力をきちんと続けていくことが出来る、立派な歌手になりたいと考えています。


・お客様へ一言、お願いします。

お客様全員に、笑顔で聴いていただけるような仕込みと準備をしてまいりましたので、どうか最後までお楽しみください。本日はご来場いただき、誠にありがとうございます。


戻る

ページの先頭へ