井口侑奏&大倉一将 声楽ジョイントコンサート 出演者インタビュー

Pf.井上 実優(いのうえ みゆ)
名古屋音楽大学音楽学科ピアノコース四年在学中。声楽、合唱の伴奏に多く携わる。名古屋音楽大学オペラ研究会では、J.シュトラウス『こうもり』、モーツァルト『フィガロの結婚』 『コジファントゥッテ』等、伴奏ピアニストを務める。ピアノを竹内嘉奈子、久米隆司、原田綾子の各氏に師事。

井上実優.JPG


・リサイタルの意気込みをお聞かせ下さい。

今回このような機会をいただき、とても嬉しく思っています。皆様の心に残る音楽を奏でたいです。


・演奏する曲の中でのおすすめしたいポイントを教えて下さい。

オペラ、歌曲と盛りだくさんの曲目となっています。ソロだけでなく、美しい重唱も聴きどころです。最後まで楽しんでいただけるプログラムとなっています。


・共演者はどのような印象の方たちですか。

大倉くんはとにかく一生懸命に音楽と向き合っていて、同い年として尊敬しています。声色がとても豊かで、温かい歌声がとても魅力的です。
井口さんの歌声はきらきらしていて大変美しく、引き込まれてしまいます。
とても素敵なお二人と演奏できることが楽しみです。


・今後、こうした音楽家になっていきたいという理想を教えて下さい。

常に向上心、追求心を持った音楽家になりたいです。


・お客様へ一言、お願いします。

お客様、お一人お一人に心を込めて演奏します。素敵なひとときになっていただけたら嬉しいです。


戻る

ページの先頭へ